シミを消す内服薬

シミを消す内服薬

 

シミができてしまいますと、どうしても老けた印象になってしまいます。
しかし、できてしまったシミを消すことはできるのです。

 

内側から働きかける内服薬を飲むことと、あとは薬を使うこと、化粧品で美白タイプのものを使うこと、さらにレーザーという方法もあります。
これらを併用しても効果が高くなるということもありますが、内服薬に関しては肝斑の場合はほとんどの方で効果が見られます。

 

こちらはトラネキサム酸を含む医薬品扱いになっています。
今まで試したことがないという方は、多くの方がこのお薬で効果を感じていますので、まずは試してみることがおすすめです。

 

しかし、飲み方についてですが少し普通のお薬と異なる点がありますので、説明書などを読みながら行ってください。

 

一定期間お休みをするということが必要になるものですので注意が必要です。
また、塗り薬に関しては美容皮膚科などで処方をしてもらうことができますが、レチノイン酸やハイドロキノンという薬があります。

 

こちらはある程度の期間使い続けないと効果がでませんが、徐々に薄くなってくるという効果が認められますし、レチノイン酸にはコラーゲンの生成を助ける効果もありますので、肌にはりがでてきます。